新前橋すこやか内科・漢方内科クリニック|内科・漢方内科、外科、補完・代替医療(自由診療)

新前橋すこやか内科・漢方内科クリニック

高脂血症

高脂血症(脂質異常症)は自覚する症状があまりないため、健康診断で発見されることがおおい疾患です。
動脈硬化の要因のひとつであり、心筋梗塞脳卒中のリスクと関連があるため適切な治療が必要です。

<検査・診断>
高脂血症の診断はおもに血液検査でおこないます。コレステロール中性脂肪(トリグリセリド:TG)を測定します。
コレステロールは比重により細かく分類されますが、LDLコレステロール(低比重)とHDLコレステロール(高比重)を測定することが一般的です。

脂質異常症と診断される基準は
LDLコレステロール … 140以上
HDLコレステロール … 40未満
トリグリセリド   … 150以上  です。

よくみられる高脂血症は以下の4パターンです。
高LDL  … もっとも一般的な高脂血症(高コレステロール血症)です
低HDL  … 肥満の中高年男性におおく、運動不足です
③高HDL  … 長寿家系におおく、病気としてとらえるべきか結論がでていません*
高TG    … 食事や飲酒の影響が大きく受けています

近年では、LDLコレステロールのなかでもさらに比重の小さいsd-LDLコレステロール(超低比重)が「超悪玉コレステロール」として注目されています。

*HDLコレステロールはいわゆる「善玉コレステロール」と言われるものです。HDLコレステロールが多いほど心血管系疾患を発症する確率が小さくなるため、HDLコレステロールの数値が高いことを「病的」と捉えることは不適切かもしれません。また、HDLコレステロールは適切な運動習慣によって増加させることができます。

高脂血症と診断された場合、動脈硬化性疾患や生活習慣病がかくれていることがあるため、これらの疾患の精査もおこなうことが大切です。

<治療>
高脂血症の治療では生活習慣の改善がなによりも重要です。
とくに食事の量やカロリーよりも「何を食べているか」が重要です。また、適度な運動習慣も欠かすことができません。
はじめから高い目標を立てるよりも、取り組みやすい目標を立てて少しずつ生活習慣の改善をしていくことが成功の秘訣です。

内服薬での治療をはじめる際には、高血圧や糖尿病などの併存疾患や家族歴の有無、検査結果のパターンよって内服薬を選びます。

もっとも一般的な治療薬であるスタチン系薬剤(名前が〇〇スタチンのもの)は横紋筋融解症という危険な副作用を生じる場合があるため、定期的に血液検査でチェックすることが大切です。内服中に不自然な筋肉痛や力が入りにくくなったように感じた場合には、すぐに主治医に相談してください。

高脂血症にたいする漢方薬としては「大柴胡湯(だいさいことう)」と「防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)」が代表的なものです。
これらはダイエット漢方薬としても広く利用されています。

生活習慣病では、長期間クスリを飲み続けるよりも、適切な生活習慣を身につけることのほうが肉体的にも経済的にもはるかに効果的です。
当院では生活習慣病の治療は、「生活習慣療養計画書」を用いた生活習慣の改善指導を第一としております。 
漢方治療もおこなっておりますので、お気軽にお問合せください。

自費検査のAIRS(アミノインデックス検査)腸内フローラ検査を活用することで、生活習慣改善への取り組みの効果や将来病気になるリスクの変化を目に見える形で確認することができます。一般的な血液検査では異常なしと判定されるかたにも有効ですので、ぜひご活用ください。
お問い合わせは TEL:027-288-0977
新前橋すこやか内科・漢方内科クリニック
ネット予約