新前橋すこやか内科・漢方内科クリニック|内科・漢方内科、外科、補完・代替医療(自由診療)

新前橋すこやか内科・漢方内科クリニック

花粉症

花粉症(アレルギー性鼻炎)は植物の花粉を原因(アレルゲン)として免疫が過剰反応をおこしてしまう状態です。
水っぽい鼻水・くしゃみ・鼻づまりが3大症状ですが、目のかゆみ症状が強い人もいます。
症状が出現する時期によって、原因となる植物を推測することができますが、複数の花粉に対する花粉症というかたもいらっしゃいます。

<検査・診断>
症状や問診から診断することの多い花粉症ですが、副鼻腔炎やカゼとの鑑別が必要です。
花粉症の原因となるアレルゲンの検査は保険がききます。
View39(ビューさんじゅうきゅう)(血液検査) 
 … 花粉や食物、小動物や化学物質など39の代表的なアレルゲンをまとめて検査できます。
   検査費用は3割負担のかたで5000円弱です。

その他、特定の原因物質に対する個別のアレルギー検査も可能です。

<治療>
花粉症の治療は抗ヒスタミン剤というアレルギー症状を抑えるお薬(対症療法)が一般的です。
抗ヒスタミン剤の場合には副作用の眠気が問題となりますが、最近では眠気の副作用が少ないものも多く、自動車運転注意事項の記載がないものもあります。
抗ヒスタミン剤の代表的なもの(商品名)をご紹介します。

アレグラ … 高齢者や腎機能障害・肝機能障害にも比較的安全。運転制限の記載なし。
クラリチン、デザレックス … 運転制限の記載なし。クラリチンの主成分の活性代謝物が
                デザレックスです。
ビラノア … 肝機能が低下していても比較的安全。運転制限の記載なし。空腹時に内服。
ディレグラ … アレグラの成分+血管収縮成分。鼻づまりに有効。

これらの薬を中心に、症状に応じて免疫を制御する薬や点眼薬、点鼻薬などを組み合わせて治療します。
免疫療法(減感作療法)がふたたび注目されていますが、安全性の面から専門的な医療機関での治療をおすすめします。

漢方薬は花粉症にも有効です。小青竜湯(しょうせいりゅうとう)が有名ですが、エフェドリンが合わない体質のかたもいます。
そのようなかた、虚弱で水っぽい体質のかたには苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう)を使用します。
また、目のかゆみの症状が強い場合には越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)を主に使用します。

目や鼻の症状が強い場合には点眼薬や点鼻薬を併用します。

お問い合わせは TEL:027-288-0977
新前橋すこやか内科・漢方内科クリニック
ネット予約