新前橋すこやか内科・漢方内科クリニック|内科・漢方内科、外科、補完・代替医療(自由診療)

新前橋すこやか内科・漢方内科クリニック

深づめ(陥入爪)

深爪の医学的な表現は陥入爪(かんにゅうそう)です。
爪の側縁が周囲の皮膚に食い込んでしまい、挫傷などを生じるため赤くはれて痛みがあります。
原因としては靴による圧迫や爪を深く切りすぎたこと(深爪)によります。

陥入爪の症状は疼痛です。日常生活に支障を及ぼす場合には治療をおこないます。また、合併症状が現れる場合もあります。

<合併症状>
・ひょう疽
 …陥入爪の周囲の皮膚が白っぽくなり、中に膿が溜まった状態です。陥入爪による外傷部分から
  細菌感染が皮下に広がったために生じます。切開・排膿だけでも軽快します。
・肉芽形成
 …陥入爪による挫傷と炎症、治癒をくりかえしていると肉芽が形成されてしまう場合がありま
  す。

<治療>
・生活指導
 …爪を切りすぎてしまう(深爪)ことが陥入爪の原因であり、爪を切る際に余裕を残した切り方
  をすることが大切です。また、足に合った靴を履き、不要な圧迫を取り除くことも重要です。
  軽症であればテーピングによって一時的に爪の食い込みを解除し、爪が伸びる時間を稼ぐ方法
  もあります。
・外科的治療
 …形状記憶合金板や弾性ワイヤーを使用した矯正治療や、手術により爪母・爪床を切除・縫合す
  るなどの治療方法が行われる場合もあります。   
新前橋すこやか内科・漢方内科クリニック
ネット予約