新前橋すこやか内科・漢方内科クリニック|内科・漢方内科、外科、補完・代替医療(自由診療)

新前橋すこやか内科・漢方内科クリニック

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は世界的に増加傾向にある皮膚疾患です。
かゆみと肌質の悪化により生活の質(QOL)を大きく損なう疾患であり、治療も一筋縄ではいかないやっかいな疾患です。

<症状>
アトピー性皮膚炎は湿疹の一種ですが、多種多様な皮疹(皮膚症状)が現れます。
血管の拡張で肌が赤みがかり(紅斑)、ポツポツとできものができ(丘疹・結節)、部分的に盛り上がり(局面)、皮がむけたり(びらん)しているうちに、慢性的に経過することでアトピーに特徴的な肌質の悪化(苔癬化)を生じます。
皮膚症状の分布は左右対称性で顔面や首回り、手足の関節部、胸や腹などに好発します。

<検査・診断>
アトピー性皮膚炎は上記のような湿疹であり、①かゆみ、②特徴的な皮疹と分布、③慢性・反復性経過の3要件を満たす場合に診断されます。
重症度は炎症の強い皮疹の広さで判断します。
アトピー性皮膚炎とよく似た症状の皮膚疾患もあるため、専門医による診察も重要です。

※アトピー素因
アトピー性皮膚炎になりやすい人がいます。
具体的には家族歴のある人、アレルギー性疾患(気管支喘息や花粉症)の人、鳥肌様皮膚のひとなどです。
血液検査で特異的IgE抗体価が高値のひとも素因があると考えられます。

アトピー性皮膚炎の合併症として眼(白内障や網膜剥離)や皮膚(水いぼ、とびひ)の疾患も確認しておくべきでしょう。

<治療>
アトピー性皮膚炎の治療では①増悪因子対策、②スキンケア、③薬物治療の3方向からのアプローチが必要になります。

①増悪因子対策 
 …食べ物や物理的刺激、特定の季節や場所、病原微生物、ストレスなどさまざまな要因がアトピーを悪化させます。患者さんご自身がよく注意することも重要です。

②スキンケア
 …清潔に保つこと、保湿剤の適正使用、掃除・洗濯などはアトピーを改善させます。

③薬物治療
 …症状の時期にもよりますが、ステロイド外用剤、タクロリムス軟膏、ヘパリン類似物質などの外用剤を組み合わせて適切に使用します。ステロイド外用剤はステロイドの強さにも注意が必要であり、副作用の予防という観点からも皮膚科専門医による調整が重要です。

アトピー性皮膚炎は再燃と寛解を繰り返す慢性的な疾患です。
漢方外来にはステロイドの長期使用により体調を悪化させてしまった方や副作用を懸念される方、西洋医学的な治療の効果がみられなくなった方がお越しになります。

漢方では皮膚症状と体質の2つの側面から漢方薬を選びます。
実際には2~3種類の漢方薬を併用されるかたがほとんどです。

<代表的な漢方薬>
・十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)
・黄連解毒湯(おうれんげどくとう)
・当帰飲子(とうきいんし)
・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
・四物湯(しもつとう)関連薬

など、患者さんお一人お一人に合わせて処方薬と量を決めています。
お問い合わせは TEL:027-288-0977
新前橋すこやか内科・漢方内科クリニック
ネット予約