新前橋すこやか内科・漢方内科クリニック|内科・漢方内科、外科、補完・代替医療(自由診療)

新前橋すこやか内科・漢方内科クリニック

真・悪玉コレステロール

「コレステロールが高いと脳卒中や心筋梗塞になる!」という話を聞いたことがあるかもしれません。
コレステロールは血液中に浮いている脂肪のかたまりですが、このうち比重の小さいLDLコレステロールは悪玉コレステロールと呼ばれています。
血液中のコレステロールが酸化されてしまうと、血管の傷にもぐりこんでしまい動脈硬化や血管の狭小化の原因となるのです。

しかし、実はLDLコレステロールが多いからといって、脳卒中や心筋梗塞になるリスクが高いとは限らないことをご存じですか?
最近の研究では、LDLコレステロールのうち、さらに比重が小さいsd-LDLコレステロールこそが酸化反応を受けやすく、動脈硬化などの真のリスクであることがわかっています。

sd-LDLコレステロールは真・悪玉コレステロールと呼ばれています。sd-LDLコレステロールは、血液検査で簡単に測定することができます。自費検査となりますが、お気軽にお問い合わせください。

真・悪玉コレステロール sd-LDL 2200円(税込)
新前橋すこやか内科・漢方内科クリニック
ネット受診予約