新前橋すこやか内科・漢方内科クリニック|内科・漢方内科、外科、補完・代替医療(自由診療)

新前橋すこやか内科・漢方内科クリニック

✨✨長寿遺伝子・若返り点滴✨✨

NMN①
NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)は、新時代のアンチエイジング物質です。
NMNはミトコンドリアにおけるエネルギー産生に必要なNAD+という物質の原料となる物質です。ミトコンドリア内のNAD+濃度が高まると、長寿遺伝子sirtuin(サーチュイン)の発現活性が高まります。その結果、小動物などを用いた基礎研究において若返りと寿命の延長効果が確認され話題となりました。

もう少し詳しく!

ミトコンドリアはわたしたちの細胞内におけるエネルギー生産工場のような組織です。
ミトコンドリア内では炭水化物➡クエン酸➡ATP(アデノシン三リン酸)という化学反応が繰り返され、生命活動に必要なエネルギーが次々と生まれています。
この連鎖的な反応を効率よく進めために、NAD+という媒体が必要になります。老化した細胞のミトコンドリアではNAD+が枯渇してしまうため、NMNを補充することでNAD+濃度が回復し、エネルギー生産反応の効率が向上します。生命エネルギーが豊富にあれば、炎症を制御したり損傷を修復する反応が進み、若返りや寿命の延長効果が得られたと考えられます。

NMN治療に期待される効果

NMNは加齢とともに減少していくため、点滴やサプリメントでの投与が推奨されます。NMN投与は以下の目的でおこなわれています。

① アンチエイジング(加齢にともなう諸症状の改善) 
② 認知機能・思考力・集中力の向上(脳神経の回復) 
③ 睡眠の質向上、体内時計の修正
④ 運動中の呼吸状態の改善(心肺機能の向上・有酸素運動能力の向上)
⑤ 新陳代謝の向上、しみ・しわ・たるみの軽減
⑥ 長寿遺伝子の活性化による健康維持・疾病予防、フレイル対策 

これらの効果の大部分は小動物を用いた基礎研究を中心に確認されています。しかし、人間の寿命が延びるかどうかを確認するのは実際には不可能であり、基礎研究の結果に基づいた推測効果となります。

有害事象・副作用

安全性や至適投与量に関する研究は数多くされています。
NMNの点滴投与では ⑴ 血管痛、⑵ 皮膚紅潮(フラッシュ)、⑶ 発疹 などの有害事象・副作用が報告されています。一方で医学的治療介入が必要な重篤な有害事象はほとんど確認されていません。

投与量・価格

点滴投与の目安は最短でも1週間に1回ていどです。
・「若さの泉」点滴NMN300mg
 通常1回        44,000円(税込)
 ★NMN300チケット(回数券) 
 10回チケット   352,000円(税込)

※注意※ホットペッパービューティ会員様は価格が異なります。ホットペッパービューティの当院ページをご確認ください。

NMNはがん治療中のかたにもオススメです!

がんが進行してくると、脂肪組織よりも骨格筋組織がやせ衰えてしまう「悪液質(カヘキシー)」という状態に陥ってしまいます。
拡大・進行するがん組織によって正常な組織が分解されてしまっている危険な状態です。カヘキシーは予後不良のサインであり、その予防・改善のための治療や取り組みが日夜研究されています。

NMNは長寿遺伝子サーチュインを活性化し、ミトコンドリアの活動性を高めて新陳代謝を向上することで、カヘキシーによる体の消耗へ対抗することが期待され、研究が進められています。

手術や化学療法、放射線治療によって損傷してしまった身体を回復させるために、悪液質の早期予防と症状改善のために、NMNを是非ご活用ください!
新前橋すこやか内科・漢方内科クリニック
ネット受診予約