新前橋すこやか内科・漢方内科クリニック|内科・漢方内科、外科、補完・代替医療(自由診療)

新前橋すこやか内科・漢方内科クリニック

ニキビの話あれこれ

5月も末になると夏のような暑さの日が増えてきましたね。

肌の露出が多くなるこの時期、やっぱり気になるのがニキビの存在ではないでしょうか?
特に最近ではマスクをしているせいで口まわりがいつも熱がこもって蒸れてしまい、ニキビがいっそう悪化してしまいます。

なんとかしてニキビを治したいと思っている方も多いことでしょう。
そこで今回はニキビを治すためのあれこれについて、当院での経験を交えて書き記してみようと思います。

まず、世間一般で行われているプロアクティブ療法。
これは抗生物質とステロイド(炎症や免疫反応を抑えるホルモン剤)を使用する治療方法です。
確かに非常に高い成功率を誇りますが、プロアクティブ療法が効かない人もいますし、再燃してしまう人もいます。

漢方ではニキビの治療を①炎症などの皮膚症状をターゲットにする、②月経周期と連動している場合には女性ホルモンに作用する角度から治療する、という2通りの方法が主な治療です。

まずは①炎症などの皮膚症状をターゲットとする治療です。
ニキビは炎症性の発疹です。炎症であるため熱がこもっています。顔など上半身に熱がこもるということは気の巡りで異常が生じていて、気が上にばかり上ってしまっています(上衝)。したがって漢方では熱を冷まして炎症を鎮める生薬と、気の巡りの異常を修正する生薬の組み合わせが利用されます。

代表的な漢方薬は清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)です。ニキビといったらコレというくらいよく使用される漢方薬です。
十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)という漢方薬もよく使用されます。こちらは化膿する傾向のある発疹に対して幅広く用いられるバランス型の治療薬です。名前のとおり、10種類の生薬でできています。
この十味敗毒湯の親戚のような漢方薬で、荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)という漢方薬も使用される場合があります。こちらは慢性的な炎症性体質の治療に使用される漢方薬で、ニキビ以外にも慢性副鼻腔炎(蓄膿症)、アレルギー性鼻炎、慢性扁桃腺炎、アトピー性皮膚炎などにも使用されます。こちらはなんと17種類の生薬から構成されています。なんとしても炎症を治そうとあれこれ工夫された名残でしょうか。

②女性ホルモンに作用する治療がおこなわれる場合もあります。
月経周期に連動して良くなったり悪くなったりするニキビです。この場合には漢方における血(けつ)の巡りの異常(お血)が関係していることがほとんどですので、お血を治す治療(駆お血剤)を使用します。

のぼせやイライラが強い人には加味逍遙散(かみしょうようさん)という漢方薬が使用されます。更年期障害のホットフラッシュで有名な漢方薬ですが駆お血作用もあり炎症も鎮めたりと比較的バランス良く作られている漢方薬です。

月経痛と便秘が目立つ場合には桃核承気湯(とうかくじょうきとう)桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)などの駆お血剤を使用する場合もあります。
特に桂枝茯苓丸にヨクイニン(はと麦)が加えられた桂枝茯苓丸加薏苡仁(けいしぶくりょうがんかよくいにん)はニキビ治療と同時に肌質を整える効果を期待されて使用されることの多い漢方薬です。

さて、漢方ではこれらの治療が主なところなのですが、もっと日常的なレベルでニキビの治療に取り組むことができます。

まずはマスクをできるだけ外すことです。
やはり口まわりに物理的に熱がこもっているとニキビが悪化しやすくなります。
また、マスクを常時装着している高温多湿な環境は、ニキビを悪化させる常在菌が繁殖しやすい環境です。
できる限り風通しを良くして肌環境を整えましょう。

次に食べ物に注意することです。
漢方では皮膚の発疹は体内の毒素を外に出そうとする反応であると考えます。
ということは、体内に毒素のモトとなる食材を取り入れてしまっているということです。
具体的には乳製品と砂糖です。

実際、当院に通院されていた方が、ご自身で乳製品と砂糖の摂取後にニキビが悪化することに気づいたため、これらの摂取を極力控えたところそれだけでニキビがほとんど消退してしまいました。

このような経験をすると、日々の食べ物がいかに体に影響を与えているのか非常に考えさせられますね。

みなさんも適度な運動と健康的な食生活でニキビのある日々から卒業しましょう!


いつの日も こころ楽しく すこやかに

⇩⇩⇩こちらもチェック♪⇩⇩⇩
【新前橋すこやか内科・漢方内科クリニックSNS】
☆クリニックの日常風景やお知らせはこちらで☆
Instagram ▶ sukoyakanaika / sukoyaka_harusan / sukoyakastaff 
☆メッセージも受け付けています☆
Facebook ▶ 新前橋すこやか内科・漢方内科クリニック
☆ショップカードを作ってイベント参加しよう!☆
公式LINEアカウント ▶ @sukoyakaclinic または https://lin.ee/EvFfL7C
♪LINEから受診予約やお問い合わせができます♪   

新前橋すこやか内科・漢方内科クリニック
ネット予約