新前橋すこやか内科・漢方内科クリニック|内科・漢方内科、外科、補完・代替医療(自由診療)

新前橋すこやか内科・漢方内科クリニック

ブログ

健康のこと、日常のことなどを発信しています。

理解されにくい手足の「ほてり」のお悩み

2021/10/11
手や足が異様に熱をもって不快な感じがする…
「ほてり」は見た目でわかりにくく、他人からはなかなか理解してもらえないつらい症状のひとつです。
冷えるのも問題ですが、かと言って熱をもってしまうことも問題です。

漢字では「火照り」と書くことからも、火で炙られているかのような不快さが伝わってきますね。

「ほてり」は何をするにしても気になってしまうのですが、特に夜になって寝ようとすると手や足の熱さが気になって眠れなくなってしまいます。不眠症として受診される方の中にも、不眠の原因がほてりである方が一定数いらっしゃいます。

「ほてり」の悩みはご本人にとっては深刻ですが、「ほてり」を感じていない人からは理解を得にくい症状であり、人知れず悩んでいるかたも多いのではないかと思います。

東洋医学では手足のほてりの原因となる熱そのものが増えている病態や、熱を調節する力の不足と捉えることが多いようです。

手や足のほてりに対する代表的な漢方薬が三物黄芩湯(さんもつおうごんとう)です。
これは熱を制御する力の不足をカバーする薬です。
この漢方薬の説明を探してみると、陰とか津液(しんえき)という言葉が登場すると思うのですが、これらの言葉は中国医学と日本の漢方ではやや意味するところと使いかたに違いがあるのでそれを知らずに読んでいると混乱を招くかもしれません。

さて、三物黄芩湯はその名の通り地黄(じおう)・黄芩(おうごん)・苦参(くじん)の3つの生薬でできています。
すべて体の熱を冷ます効果の生薬です。

もともとは産褥熱に対して使われていた漢方薬ですが、現在では体にこもった熱や潤い不足で生じる皮膚のかゆみや更年期症状、自律神経の不調、不眠症などにも使用されます。

トリコモナス膣炎や白癬菌による陰部のかゆみにも使用されるようです。
手足の「ほてり」という症状を見ていてはまったく思いつかない応用の仕方ですね。

その他に手足のほてりに使用する漢方薬に温経湯(うんけいとう)という漢方薬があります。
「経を温める」という字なわけですが、経とは気や血(けつ)の通り道のことです。
手足がほてるのに血流を温めてはまったくの逆効果だろう、と思われるかもしれません。
漢方薬の解説書には、温経湯は唇が乾き手足がほてるひとの月経困難や更年期症状、湿疹やしもやけ、頭痛や腰痛に使用すると記載されています。

温経湯は漢方薬の勉強にとても役立つ漢方薬のひとつです。
気を巡らせるために温める生薬のグループ、血を巡らせるために補充する生薬のグループ、痛みをとる生薬、そして潤いをもたせるグループの生薬で構成されています。
それぞれの生薬が協同して作用することで体内のバランスを調整しながら効果を発揮しています。
この点は西洋薬をあれこれ組み合わせて使用することとは全くの別次元の薬理作用が現れており、西洋薬よりも漢方薬が優れている側面であるように思います。

長い年月をかけて先人たちが試行錯誤を続けてくれた結果として温経湯という一つの形に到達したのだと思います。
伝統を受け継いでいくことや先人たちの知恵や経験を大切にすることで現代の私たちがより漢方および人体の仕組みや健康と病気について理解しやすくなるのです。

本当にありがたいことです。


いつの日も こころ楽しく すこやかに

⇩⇩⇩こちらもチェック♪⇩⇩⇩
【新前橋すこやか内科・漢方内科クリニックSNS】
☆クリニックの日常風景やお知らせはこちらで☆
Instagram ▶ sukoyakanaika / sukoyaka_harusan / sukoyakastaff 
☆メッセージも受け付けています☆
Facebook ▶ 新前橋すこやか内科・漢方内科クリニック
☆ショップカードを作ってイベント参加しよう!☆
公式LINEアカウント ▶ @sukoyakaclinic または https://lin.ee/EvFfL7C
♪LINEから受診予約やお問い合わせができます♪    

慢性的な頭痛がたった2週間で治ってしまった!

2021/9/27
漢方治療というと、ゆっくり効いてきて、長期間服用しないといけない、というイメージが強いかもしれません。

確かに、体質改善目的や慢性疾患の治療の場合にはそれなりの時間がかかるものですが、時にはあまりにもすぐに薬が効いて慢性的な症状が治まってしまうことがあります。

当院にお越しいただいた40代の女性は、慢性的な頭痛が釣藤散(ちょうとうさん)を2週間内服しただけでほとんど消えてしまいました。
煎じ薬よりも効果がよわいとされるエキス剤ですが、ドンピシャで体質に合うとこんなにも短期間で症状が消失してしまうこともあるのですね。

釣藤散の効能書きを見てみると「慢性的に続く頭痛で中年以降、または高血圧の傾向のあるもの」とあります。
文字通りに受け止めると中年で高血圧で頭痛なら効きそうな印象ですが、なんとも漠然とした印象を受けます。

釣藤散をもう少し詳しく分析していくと、釣藤散の原型になっているのは六君子湯(りっくんしとう)という漢方薬であることがわかります。

六君子湯は胃が弱っており、胃のあたりに水が溜まりがちな状態の食欲不振などに効く漢方薬です。機能性胃腸症であるとか食欲不振、胃もたれなどの症状によく使用されている漢方薬です。
したがって、釣藤散もどちらかといえば胃が弱っているような方に向いていることになります。もう少し詳しく書くと胃が弱っていて、相対的に交感神経が優位になっておりイライラしやすく、場合によってはかんしゃく持ちのような状態です。

髙山宏世先生の「漢方常用処方解説」を読んでみると、釣藤散の診断のポイントには①午前中は体調が悪い、②イライラやのぼせ、③腹部軟・心下痞・肩こり、と書いてあります。

釣藤散が効きやすい頭痛には早朝に起こりやすい頭痛が多く、午前中は調子が出ないというところがわかりやすいポイントでしょうか。

また、同書には「元気だが気むずかしく頑固な老人などにこの証が多い」とも書いてあります。
なんだか一気にイメージが悪くなってしまいますが、要するにストレスがありイライラしやすい状態なのです。

ストレスも「肚(はら)」で受けて止めて消化するものですので、胃腸が弱っているとイライラしやすくなるのでしょうか。

これまでにも「頭痛には胃薬」という視点での治療例について何度か記事にしてきました。釣藤散もまた胃薬の要素をもった頭痛薬であると言えます。

頭痛の西洋医学的な病態解明や治療方法の開発にも、ぜひ「胃の不調」という視点を取り入れていただきたいですね。


いつの日も こころ楽しく すこやかに

⇩⇩⇩こちらもチェック♪⇩⇩⇩
【新前橋すこやか内科・漢方内科クリニックSNS】
☆クリニックの日常風景やお知らせはこちらで☆
Instagram ▶ sukoyakanaika / sukoyaka_harusan / sukoyakastaff 
☆メッセージも受け付けています☆
Facebook ▶ 新前橋すこやか内科・漢方内科クリニック
☆ショップカードを作ってイベント参加しよう!☆
公式LINEアカウント ▶ @sukoyakaclinic または https://lin.ee/EvFfL7C
♪LINEから受診予約やお問い合わせができます♪     

赤ちゃんが母乳を飲んでくれない!

2021/9/10
子育てには苦労がつきものです。

赤ちゃんにとって栄養源は母乳だけですので、健康で丈夫に育ってくれるためには母乳をしっかり飲んでくれることが必要です。
人工ミルクはあくまで母乳の代用品であり、赤ちゃんの体調や成長に合わせて最適な成分バランスに母乳が調整される母子の精妙なコミュニケーション、生命の神秘さには遠く及びません。
現代の科学技術なんてそんなものです。

しかし、哺乳する力が弱いために十分に母乳をすって飲むことができない赤ちゃんもいます。そのような場合には鼻が閉じてしまっている鼻閉状態であることが原因であることが多いようです。

鼻が閉じてしまって母乳を吸引する力が弱い赤ちゃん対する漢方薬というものも、実はあります。

それもまた意外な漢方薬で、麻黄湯(まおうとう)という漢方薬です。

一般の方でも麻黄湯といえばインフルエンザと直結するくらい、麻黄湯は使用するイメージが固まっている漢方薬です。
インフルエンザのような感染症に対して使用する場合、麻黄湯は悪寒が強く、発熱して、体のふしぶしが痛み、発汗はなく、喘鳴などがして呼吸が苦しいときに使用します。

これは主に急性疾患に対する使用目標ですが、麻黄のエフェドリンによる気道拡張作用を応用して赤ちゃんの気道を広げることで鼻閉を治し、哺乳する力を高めることができるのです。

赤ちゃんにエフェドリンなんて危険極まりない!
という印象を抱かれるかもしれませんが、赤ちゃんや小さいお子さんは生命力が旺盛ですのでエフェドリンくらいなんてことないし、むしろ非常によく反応して治癒機転が働いてくれるのです。

この麻黄湯の使いかたですが、母親の指先を濡らして麻黄湯の粉末をつけ、赤ちゃんのほほの内側に塗ってから授乳を始めるのだそうです。

ちなみに高齢者になってくると麻黄剤への反応が悪くなりがちです。
そのためご高齢者の風邪やインフルエンザでは麻黄が主役の薬ではなく、ウィークポイントを補ったり抗病力をサポートするような生薬構成になっていきます。
年齢によって感染症に対する治療戦略が変わってくるのですね。アタリマエといえばアタリマエですが…。

さて、エフェドリン云々という薬理学的な話などまったくなかった時代に、赤ちゃんの鼻閉による哺乳困難に対する麻黄湯の有効性を発見したのですから、漢方の先人たちの知恵の偉大さには感服するほかありませんね。

むかし、漢方薬は当然ながら各地から生薬を買い集めてきて煎じて使用していました。
気候と風土が変われば当然、手に入る生薬も変わるわけです。だから漢方薬はとても高価なものでした。
そんな貴重で高価なものを利用できるのは、古代中国で言えば皇帝などの支配者層の人々が中心です。

ここから先は個人的な想像なのですが

古代中国の宮廷に仕える漢方医にとって、皇帝の子供が生まれたらなんとしても生かさなければならないわけです。あろうことか医療ミスで赤ちゃんが死んでしまったら自分もきっと処刑されたことでしょう。

赤ちゃんが母乳を飲んでくれないなどということになったらそりゃあもう大騒ぎだったはずです。
そこで何人もの宮廷医が集まって知恵を出し合って赤ちゃんが母乳を飲んでくれるようにあれこれ工夫したのだと思います。

もしかしたら、非常に賢い優秀な医師がして、「麻黄湯を使えばよい」と最初から正解を引き当てていたかもしれません。

でももしかしたら、あれをやってもダメ、これをやってもダメ、明日には処刑される…くらいに追い込まれた医師がヤケクソで麻黄湯を赤ちゃんに与えたら結果的にうまくいった…のかもしれませんね。

そういうストーリーを想像することも漢方の勉強の楽しさのひとつです。

いつの日も こころ楽しく すこやかに

⇩⇩⇩こちらもチェック♪⇩⇩⇩
【新前橋すこやか内科・漢方内科クリニックSNS】
☆クリニックの日常風景やお知らせはこちらで☆
Instagram ▶ sukoyakanaika / sukoyaka_harusan / sukoyakastaff 
☆メッセージも受け付けています☆
Facebook ▶ 新前橋すこやか内科・漢方内科クリニック
☆ショップカードを作ってイベント参加しよう!☆
公式LINEアカウント ▶ @sukoyakaclinic または https://lin.ee/EvFfL7C
♪LINEから受診予約やお問い合わせができます♪   

母乳が出ない!

2021/8/16
産後のお悩みの一つ「母乳が出ない」。

今でこそ粉ミルクや液状ミルクがありますが、江戸時代や戦後の物資がない時代などには母乳が出なければ赤ちゃんを育てることができなかったわけで、非常に重大な問題だったわけです。

母乳が出るためには栄養が十分に摂れていることも大切です。
ただ、分泌できるはずなのに分泌できない。
出てくるはずのものが出てこないというときに漢方を使用することもあります。

これが意外な漢方なのですが、漢方医学をよく理解されている先生であれば知っている…というか、よく理解されている先生が使い始めたのだろうと思います。

その意外な漢方薬は「葛根湯(かっこんとう)」です。
だれもが「カゼには葛根湯」というくらい知っているのに、
「母乳が出なければ葛根湯」ということは知らないものです。

葛根湯には「排膿を促す作用」があります。
この作用を応用し、溜まっている母乳の分泌を促すのです。
さらにこの利用法を応用し、乳腺炎に使用することもあります。

とにかく、溜まっているもの(膿や分泌物)を出してしまうことで問題が解決するようなときに葛根湯を使用するようです。

葛根湯を応用した漢方薬に葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)という漢方薬があります。こちらは副鼻腔炎の治療に使用されますが、やはり溜まった鼻汁を葛根湯の力で排出させようと狙ったものであると考えられます。

漢方薬はときに想定外の効果を発揮してくれますね。

ちなみに母乳分泌で有名な食品といえば、玄米やタンポポコーヒーです。

また、昔は「乳母(うば)」という方法もありました。
母乳が出るご近所の奥様に授乳をお願いしたのです。
日本が物質的に貧しい時代の名残というべきか、やむを得ない風習であったというべきか、表現はむずかしいところですがきっともっともっと古い時代から行われていたことではないかと思います。

乳母というシステムは免疫という点では非常にメリットの大きい手段だったと思います。
免疫にとって重要なのは「多種多様」であることです。
色々なものに接することが免疫をブラッシュアップしていき、アレルギー疾患や自己免疫疾患を起こさず、そして感染症に対して抵抗力を高めることができます。

乳母の方から母乳をもらうことが一般的な集団では、それぞれの家族が保有する常在菌や免疫グロブリンなどが相互に受け渡され、交流していたと予想されます。
まさしく免疫力を集団で鍛えていたのであり、本当の意味での集団免疫です。

昔は集落や町内からの人の出入りというものもそれほどありませんでしたから、自分を育ててくれた乳母さんに大人になってから会うとなんとも気恥ずかしいというか頭が上がらないというか複雑な感情を覚えたものです。

現代では乳母などというと、もらう側であれあげる側であれどちらにも嫌がられてしまうのでしょうか。他人の母乳というと嫌悪感を抱く人が多いようです。
物質的に豊かになるとはこういうことなのでしょうか。

いつの日も こころ楽しく すこやかに

⇩⇩⇩こちらもチェック♪⇩⇩⇩
【新前橋すこやか内科・漢方内科クリニックSNS】
Instagram ▶ sukoyakanaika / sukoyaka_harusan / sukoyakastaff 
Facebook ▶ 新前橋すこやか内科・漢方内科クリニック
✨公式ラインアカウントができました✨
LINE ▶ @sukoyakaclinic または https://lin.ee/EvFfL7C
👉LINEから受診予約やお問い合わせができます♪
👉ショップカードでポイントを集めると各種特典が得られます♪  

寝ても寝ても寝たりない…体が重くて動かせない…そんな「ダルおも」には

2021/7/12
梅雨から夏にかけては高温多湿で不快な季節です。
実は非常に過ごしづらい気候なので、夏に体調を崩すというかたも多くいらっしゃいます。

自宅や職場、お店などの冷房が強すぎるため、冷え症の人にとっては冬よりも過ごしにくい状況になってしまっています。
暑くて汗が出て不快に感じたとしても、夏は夏らしく暑さを感じて汗がちゃんと出る程度の温度・環境調整をすることが重要です。

全館空調などにより一年中一定の環境で過ごすことはとても快適かもしれませんが、四季の気候を感じて季節の変化に適応していくことで身体機能が高められるというものです。

最近になって急に体が重く感じ、だるくて仕方がないなんてことはありませんでしょうか?

いわゆる「ダルおも」ですね。

寝ても寝ても疲れがとれなくてもっと寝ていたい。
手足がむくんでだるくて重い。
立ち上がると頭がくらくらして動悸がする。
なんだか食欲もなくて消化不良で下をしている。
夏なのに寒くてしかたがない。

こんな症状でお悩みの場合には、夏バテというよりも水の巡りの異常が原因かもしれません。

水の巡りの異常は新陳代謝の低下で起きています。
この季節は口にするものも冷たいものばかりですので、胃腸が冷えてしまいがちです。
そうすると余計に新陳代謝が低下してしまいます。

外気温が高いからと言って冷たいものばかり飲んだり食べたりすることで体調の悪化に拍車がかかります。

冷房がガンガンに利いた店内で、キンキンに冷えた飲み物を飲み、冷たい麺類などを大食いする…

数回くらいは平気かもしれませんが、そんな生活をしているとそのうち夏バテになってしまいます。
もともと丈夫なひとなら夏バテ程度で済みますが、もともと虚弱であったり冷え症のひとがそんなことをしていたら一気に新陳代謝が低下してしまいます。

そんな時に使用する漢方薬が「真武湯(しんぶとう)」という漢方薬です。

以前にもご紹介したことがありますが、真武湯は新陳代謝が低下し、身体が冷えて水がたまってしまうことで生じる諸症状に効果があります。

附子(ぶし)という体を強力に温める生薬が入っているので、夏にはあまり使わないイメージの漢方薬だったのですが、最近当院に「ダル重」でいらっしゃる患者さんが多く、しばしば処方しています。

真武湯の効きどころは胃腸ではなく腎という機能です。
漢方における腎とは、生まれもった生命エネルギーのようなニュアンスをもつ機能です。

実際には泌尿器や生殖器の機能が含まれ、老化現象に関係する諸症状も腎に関係があるとされています。

腎を例えるときには「生まれもったバッテリー」という表現をよく使います。
バッテリーの出力が落ちてしまうために電源が落ちてしまうイメージは「ダルおも」にピッタリではないでしょうか?

「ダルおも」になると本当に何をやるにもやろうという気力が出てこなくなります。
気力以前に体が動かなくなってしまい、寝るくらいしかできません。
まさしくスイッチが切れたように寝てしまうのです。

そうなってしまう前に真武湯で治療を始めたいものですが、環境調整のほうが重要である点はお忘れなく。

…そういえば、昔のコント番組で加藤茶さんが人気のハゲオヤジのキャラをよく演じていましたね。
今、改めて観てみると上下とも綿の白の肌着にラクダ色の腹巻を装着しています。
これは昭和の定番スタイルでした。

夏で薄着になってもお腹や腎臓まわりは冷やさないようにするのが生活の知恵だったわけです。

しばらく前から若い女性を中心にへそ出しファッションが流行っていますし、妊婦さんでもへそを出していたりお腹が冷えてしまうような薄着でアイスクリームを食べていたりします。

生活の知恵というものを大切にしたいものです。


いつの日も こころ楽しく すこやかに

⇩⇩⇩こちらもチェック♪⇩⇩⇩
【新前橋すこやか内科・漢方内科クリニックSNS】
☆クリニックの日常風景やお知らせはこちらで☆
Instagram ▶ sukoyakanaika / sukoyaka_harusan / sukoyakastaff 
☆メッセージも受け付けています☆
Facebook ▶ 新前橋すこやか内科・漢方内科クリニック
☆ショップカードを作ってイベント参加しよう!☆
公式LINEアカウント ▶ @sukoyakaclinic または https://lin.ee/EvFfL7C
♪LINEから受診予約やお問い合わせができます♪    
新前橋すこやか内科・漢方内科クリニック
ネット予約